むずむず症候群

むずむず症候群おすすめサプリランキング

むずむず症候群は鉄分不足が原因で
ドーパミンという神経伝達物質の減少
から発症する病気だと解って来て
います。

 

 

むずむず症候群は夜寝る前に起こることが多く、
脚がむず痒くなって、じっとしているのが辛くなり、
足を擦り合わせたりして絶えず動かしていないと不快感が収まらなくなる特徴があります。
このような事が続くと寝不足になったり、慢性的に体の倦怠感を感じるようになり、
日常の生活や仕事にまで影響を及ぼすことになります。

 

 

では、何か良い治療法はないのでしょうか?
むずむず症候群の原因として考えられているドーパミン不足ですが、
それが脳内で生成される時に、必要な栄養物質があります。
その栄養物質が鉄分なのです。

 

 

鉄分は食事からだけでは充分に摂取できないという欠点があり、
一日に必要な量を補う意味で鉄分に特化したサプリメントを
用いることは大変有効な手段となります。

 

 

それでは、不快なむずむず症候群に効果のあるサプリメントには
どのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、口コミや評判、効果や価格面からも厳選した
むずむず症候群に特化したサプリメントををランキングという
分かりやすい形式で紹介しています。

 

 

むずむず症候群は性別問わず、発症する病気ですが、
特に女性に多い傾向が見られます。
生理的な特徴から来る出血などで鉄分が不足しがちになり易いのです。

 

不快なむずむず症候群を我慢することは、より症状を悪化させることにも
なりかねません。
ここでご紹介しているサプリメントが少しでも快方への一助になれば
幸いです。


美めぐり習慣の特徴

美めぐり習慣に内蔵される鉄分は、
体への吸収性に大変優れたヘム鉄

100%含有しています。

ドーパミンの生成を促進するのは
鉄分だけではなく、ビタミンCや
ビタミンB6・B12なども重要な
働きをする栄養素なのです。

美めぐり習慣にはそれらの栄養素が
たっぷりと含まれています。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 ヘム鉄、,葉酸、スピルリナ、ムチン、ビタミンC、ビタミンB6・B16などを含む。初回購入66%オフ、15日間返金保証付き、送料無料

豊潤サジーの特徴

豊潤サジーの主要成分のサジーは
ユーラシア大陸を原産地とするグミ科の
植物です。

200種類以上の栄養素がたっぷりと
含まれていますので、むずむず症候群に
限らず、様々な症状の緩和が期待出来ます。

また、GLAMOROUS・美st・ananなどの
人気のある女性誌にも取り上げられており、
海外でも健康面に限らず美容面でも広く
認知されている栄養成分です。

豊潤サジーはピューレ状で飲みやすく
お手軽に1日ひと口飲むだけです

価格 1000円
評価 評価5
備考 ヘム鉄、亜鉛、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなどを含む。初回限定商品(48%割引)、送料無料

海乳EXの特徴

海乳EXは広島産の牡蠣が100%。
亜鉛や鉄分などのたミネラル豊富な
食品です。

必須栄養素でもあるアミノ酸や
ビタミン類も豊富に含まれていて、
一日の使用量から牡蠣5個分の栄養素
摂取することが出来ます。

価格 980円
評価 評価4
備考 亜鉛、アミノ酸、グリコーゲン、ビタミンB群などを含む。初回購入半額、送料無料

白井田七の特徴

白井田七は田七人参を主原料とした
栄養サプリです。

田七人参は蒟蒻芋と同じで、
栽培する畑の栄養分を根こそぎ
吸収してしまうと言われるほど、
栄養たっぷりな食品です。

鉄分、亜鉛、マグネシウといった
ミネラル類を始め、サポニンやビタミン群
などを多く含みます。

女性に嬉しい成分が豊富に入った
栄養サプリです。

価格 3,980円
評価 評価3.5
備考 鉄分、葉酸、ビタミン類、マグネシウム、アミノ酸などを含む。初回購入57%オフ、代引き手数料・送料無料

スムージングマッサージクリームの特徴

即効性のある冷感ブロック
不快感解消。足のむずむず解消
マッサージクリームです。

毎晩の眠りを妨げない、
ぐっすり感とリラックス感を実感。
ぬった後がベトベトしない、
お手入れが簡単にできるといった
特徴があります。

ドーパミンの機能低下に共なう
むずむず感に対応した鉄分、
ビタミンC・B6、カルシウム、
ナイアシンなどの栄養成分を、
独自のナノ化技術で、浸透しやすくし、
塗るだけで補給します。

価格 4,800円
評価 評価3.5
備考 鉄分、アミノ酸、葉酸、ビタミンC・B6などを含む。定期初回特別価格20%オフ、送料無料
ランキング付けの根拠。当サイトではむずむず症候群に効果のある各サプリメントの総売上数、口コミ・レビューや体験談などから最終的に購入者満足度を判断し、商品のランキング付けしております。

 

総合1位 さくらの森の【美めぐり習慣】

 

むずむず症候群は鉄分の不足からドーパミンの
合成が出来なくなり不快な症状が発症すると
言われています。

 

 

特に女性の方は月経による出血や、妊娠中の
赤ちゃんに必要な鉄分を摂られることにより、
鉄分が不足しがちになります。
また、体調不良や好き嫌いから来る偏食も鉄分不足の
大きな原因になっています。

 

1日の鉄分摂取量は10mg以上とされていますが、
食事からだけでは、なかなか鉄分を摂取するのは
大変ですよね。

 

食事の場合、その日によって、どうしても食べたい
ものや食べたくないものがあったりするので、
安定して基準の鉄分10mgのを摂取が出来ないからです。

 

美めぐり習慣は飲みやすい小さな粒5粒1日の
基準量10mgを補給することが出来ます。

 

また、鉄分は身体に吸収されやすい
ヘム鉄を 100%使っているので、効率よく身体の中に
摂り込むことが出来るのです。

 

 

その上に鉄分の吸収を早める役目をする
ビタミンC・B6やタンパク質を多く含む
    
アセロラスピルリナを合成することで、
鉄分不足を徹底的に解消して行くことが
出来ます。

 

                         
その他にも、美めぐり習慣の成分の一つである
有機栽培されたオーガニック生姜が、           
疲れた身体を優しく温め、血液の流れを良くし、
体に溜まった老廃物を洗い流す役目をして
くれます。

 

美めぐり習慣はいろんな観点から見ても、
むずむず症候群に一押しのサプリメントだと
思います。

 


 

人気ナンバーワンの美めぐり習慣をレビューしてみました

美めぐり習慣との出会い

 

私はアラフォーの女性、仕事はOLしています。
20代の頃はそうでもなかったのですが、
最近、毎日の電車通勤時間帯が苦痛になって来ています。
運良く座席が空いていて座れたとしても、
じっと座っていると、脚に不快感が走るように
なって来たんです。

 

この不快な感覚は寝る前にも出て来ることが
頻繁になって来て、なかなか夜寝つけずにいます。
会社で仕事をしていても、睡眠不足から頭がボーッと
していることが多くなり、仕事に集中出来ないことも
時々あります。

 

何が原因なんだろうと自分なりに調べて見たところ、
むずむず症候群という神経性の症状にそっくりなんだと
いうことが分かりました。
鉄分の不足から来るドーパミンの機能低下が原因の
ようなんですね。

 

仕事を持っている私には、会社帰りに病院へ通うというのは
ちょっと大変な気がしましたし、何かもっと手軽に鉄分を補給
出来る方法はないものかと色々さがしたところ、美めぐり習慣
という鉄分補給サプリメントがあることを知ったのです。

 

口コミや評判も良く、鉄分以外にも体に必要な栄養素が
バランスよく入っているので、私には打ってつけのサプリメント
でした。

 

さっそく美めぐり習慣を注文

 

私は会社でもそうなのですが、一旦決めたら行動は素早い
方だと思ってます。
高校時代はバスケで。1番のポイントガードやってましたので、
目配りは利く方だと思ってます。もう遥か昔のことですけどね。

 

今の齢になって、まさか自分がこのような症状に悩まされる
なんて思ってもいませんでした。
きっと、日頃の不摂生と運動不足が原因なのでしょうね。

 

美めぐり習慣はサプリメントで有名なさくらの森さんが
取り扱っている商品です。ですので、知らないところで
買うよりもちょっと安心感が私にはありました。

 

会社の休み時間に携帯から注文したのですが、直ぐに届き
ました。

 

      

 

 

 

送られてきた梱包のパッケージを開けると、次のようなものが
セットで入っていました。

 

  • 美めぐり習慣(150粒1袋)
  • スタートアップブック
  • Q&A
  • 鉄について
  • お客様の声 

 

中でもスタートアップブックは情報が満載で、特に女性にとって嬉しい情報が
いっぱいありますよ。私も本棚の取りやすい位置に置いて、いつでも
見れるようにしています。

 

 

 

飲み始めて1ヶ月経ちました。何か変化はあったでしょうか?

 

これといった変化はまだ見られません。
ただ、サプリメントを飲んでいないより飲んだ方が
安心感がありますね。
学生時代は思いっきり運動に明け暮れてましたが、
社会人になってからはさっぱりだった上に、一人暮らし
から来る気ままさから食事も不規則だったと思います。
誰も注意してくれる者がいないので、外食が圧倒的に
多かったです。自炊することは1週間に2回くらいだったかな。
気がつけばアラフォーに。
そりゃー栄養も片寄りますって。反省!
でも、サプリメントを飲むようになって、不足していた
栄養分を補えてることで、確かに安心感があります。
健康面にも気をつけようという意識が芽生えて来ています。
これは良いことですね。
この1ヶ月は1日5粒を飲んでいます。
1日5粒を飲むことで、1日に必要な鉄分の量10mgを摂ることが出来るからです。

でも、さくらの森さんから送られて来るメルマガによれば1日10粒までは飲んでも
大丈夫だということです。飲み過ぎは良くないので用法用量を守りましょうね。

 

飲み始めて2ヶ月が経ちました。ちょっとした変化がありました。

 

就寝時に起こりやすかった不快なむずむず感が、気がつけば大分緩和された
ような気がします。症状が出てくる頻度も少なくなっています。
それに、通勤時間帯の体のダルさや脚の不快感も大分改善された気がします。
この2ヶ月で体が疲れにくく元気になったような感じです。あの嫌な
脚の不快感も殆ど感じなくなりました。

 

美めぐり習慣は鉄分だけではなく、体が必要とする成分がぎっしりと詰まって
いるので、体全体から元気にさせてくれるような感じです

 

 

サプリメントは全然効かないという人もいますが、私には効果がありました。
これからも美めぐり習慣を続けて行こうと思います。

 


むずむず症候群はいつ頃から知られるようになったのか。

むずむず症候群という病気は、既に17世紀のヨーロッパでは認知されていました。

 

日本においては、欧米に先駆けて睡眠障害に関連した研究が盛んに行われていて、
医療従事者の間では、むずむず症候群に多く見られる症状はよく知られていた
ようです。

 

むずむず症候群と聞くと、新しい病気のように思われがちですが、
古くからあった病気だということですね。

 

むずむず症候群は、「じっとしていられなくて、脚を動かさずにはいられない」
という症状から下肢静止不能症候群と呼ばれたりします。
正式名はレストレスレッグス症候群と呼びます。
また、アメリカでは研究者の名前を取って、エクボン症候群と呼ばれる
ことが多いようです。

 

現在では日本においても、欧米においても、よく知られた病気なのですが、
余り聞きなれないことから、最近になって発症した病気のように思われている
人が多いのも事実です。でも、実際は昔からある病気だったのですね。

 

 

むずむず症候群の特徴的な症状

 

むずむず症候群の症状は主に足やふくらはぎなどの下肢に現れやすく
感覚的には、「むずむずする」「じっとしていられない
体を虫が這っているようだ」といったことが挙げられます。
また、症状が進んで来ると「激しい痛み」を共なうこともあります。

 

この不快な症状から逃れる為には、絶えず脚を動かしたり、さすったり
するしかなく、夜中に症状が現れた場合には安眠することが出来なくなります。
その結果、体への負担と精神的なストレスは非常に大きなものとなります。

 

むずむず症候群は何が原因なのか

 

まだ仮説の段階ですが、
私達の脳内では、ドーパミンと言われる神経伝達物質が脳内の神経間で情報の
受け渡しを行っているのですが、そのドーパミンが不足すると正しい情報が
伝わらなくなり、その結果、間違った情報が伝えられることで、
むずむず症候群を引き起こすのではないかと考えられています。

 

では、ドーパミンの不足は何故起こるのでしょうか。
それは鉄分が関係しているのです。
鉄分にはドーパミンの分泌を促進する機能があります。
脳内の鉄分が不足すると、ドーパミンが分泌されなくなり正常値を
維持出来なくなることが分かっています。

 

他には脊髄や末梢神経の異常、遺伝的な要素もあるのではないかと
考えられています。

 

ここにむずむず症候群の国際診断基準がありますので引用しておきます。

 

【国際レストレスレッグス症候群研究グループ(IRLSSG)診断基準2014改訂版】より引用
 

  • 脚を動かしたいという強い欲求が常にではないものの通常不快な下肢の異常感覚に伴って、あるは異常感覚が原因と感じて起こる。
  • その強い欲求および異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する。
  • その強い欲求および異常感覚は運動によって改善する。
  • 安静時におけるその強い欲求および異常感覚が日中より夕方・夜間に増悪する。
  • これらの特徴を持つ症状が、他の疾患・習慣的行動で説明できない。(筋肉痛、静脈鬱血、下肢浮腫、関節炎、こむら返り、特定の体位における不快感、フットタッピングなど類似疾患を鑑別除外)

 

また、それに補完した特徴

 

  • 睡眠中あるいは安静時の周期性四肢運動の合併
  • ドパミン受容体作動薬(ドパミンアゴニスト)が不快感の軽減に効果をもつ
  • レストレスレッグス症候群の家族歴がある
  • 日中の強い眠気がある

 

むずむず症候群の改善に役立つこと
 
美めぐり習慣を始め、鉄分補給サプリメントで体に吸収されにくい
鉄分を補給することは大変有効な手段だと思います。
また、サプリメントは他に体に必要な栄養素もバランスよく
含まれているので健康保持、美容にも役立つと思われます。

 

やはり、マッサージすることは非常に大切なことだと思います。
特に就寝前にストレッチや脚をマッサージすることは、筋肉の柔軟性を増すことに
つながるので是非取り入れるべきです。

 

ちょっとしたストレッチのコツ

 

立った状態で、足の小指の先を地面につけるようにする。
仰向けに横になり、足の指で握り拳をつくり、足をガニ股にした状態にする。

 

コーヒーやお酒、タバコを控える

 

最初はキツイかも知れませんが、
習慣にしてしまうことで
より改善することが期待出来ます。

 

 


むずむず症候群とは何か、その改善方法!

むずむず症候群、または、レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)
とは何か、その対策に関して。

 

 

専門的には上に書いたレストレスレッグス症候群もしくは
下肢静止不能症候群と呼びますが、一般的にはむずむず脚症候群
またはむずむず症候群と言います。

 

では、自覚症状にはどのようなものがあるのかを記していきます。

 

この症状の特徴としてよく言われるのは、
夜中に布団に入ると脚がむずむずして脚を擦り合わせないと
辛抱できなくなり、なかなか眠りにつくことが出来ない。
腕や脚のふくらはぎ部分に虫が這っている様で気持ち悪くて
不快でとても寝ることが出来ないといったような症状が
上げられます。

 

 

また、症状が悪化して行くと、体の他の部分にも広がって行くことも
あります。
最初は脚のむずむず感が多いのですが、段段と上半身に不快感が
伝染していくような感じですね。
脚から腕、そしてお腹や背中、胸にまで。最悪顔にまでその症状が
現れることもあります。

 

このむずむず症候群には起こりやすい時間帯や状態があります。

 

同じ姿勢を長時間続ける場合に多く見受けられる。
例えば、就寝時、布団やベッドに入ってからとか、
デスクワークで長時間椅子に座リ続けるなど、静止した状態を
長く続けることによって起こりやすくなります。。
このような症状が起こると、眠れない、睡眠不足で絶えず頭がボーッと
している。仕事に集中できない。など、生活面でも影響が出てきます。

 

むずむず症候群ではないかなと考えられる診断例があります。

 

1,夜中に症状が現れる率が高い。
2,その症状を回避する為に無性に脚や手を動かしたい欲求に駆られる。
3,長時間の静止状態にいることで症状が現れやすい。
4,運動することで一時的に症状が緩和する

 

などがあげられます。
もし、自分で判断して近いような状態であれば早目に病院へ検査に
行かれることをお勧めします。
まれに、放置していて気がつけば治っていたということもありますが、
放置することで症状が進むことの方が多い傾向にあるので、
早めの診断に越したことはないと思います。

 

 

このむずむず症候群ですが、まだその原因が完全には解明されていません。
今現在考えられている原因としては以下のことが上げられます。

 

(1) 毎日の食事から摂取する鉄分量が一日の規定量に達していない。

 

       近年、むずむず症候群は脳内の情報伝達物質と言われるドーパミンの
   不足がこの不快な症状を誘発することが確認されています。
   一方、このドーパミンを作る為の重要な栄養素に鉄分があるのですが、
   鉄分はドーパミンを作る働きがあるので、鉄分不足は、即ドーパミン
   不足に繋がるのです。

 

 

(2)家族や親戚などにもむずむず症候群の症状のある人がいるといった
   遺伝に関係する。

 

       遺伝に関することですが、これは同じ家系にある人が
   やはり同じ病気になる人が多いと統計的に認識されていることです。
   遺伝子的な研究の結果が待たれるところです。

 

 

(3)何か神経的な障害が関係する。

 

       鉄分量の不足に連動して、ドーパミンの不足が神経障害を起こすと
   考えられています。

 

 

 

 

むずむず症候群の不快な症状を少しでも緩和するには、
どのようにすれば良いのでしょうか。

 

一つには、日頃から鉄分不足を補うことに留意することだと思います。
理想としては、必要な鉄分を毎日の食事から摂取出来れば一番
良いのですが、食事からだけだと、なかなか難しい面があります。
毎日の食事メニューを考えるのも大変だと思います。
なので、鉄分を効率良く摂るためにサプリメントを飲むのも
大変良い方法ではないでしょうか。
サプリメントは鉄分だけではなく、私達が不足しがちなビタミン類
などの栄養素も補うことも出来ます。

 

 

それから、より相乗効果を期待出来るのは、
適度な体操や軽い運動、ストレッチをして
体を柔軟にし、気分ををリラックスさせることで、

ストレスの緩和にもなり一石二鳥だと思います。

 

明るく、穏やかに元気に過ごすことが一番ですね。

 

 

ドーパミンの異常から来るむずむず症候群

夜寝る時に脚がむずむずして眠れないという症状を
訴える人が急増しています。
その数は130万人にも達するそうです。

 

では、何故このように脚や手の違和感で悩む人が
急増しているのでしょうか?

 

それはドーパミンの不足により神経の伝達が上手く
行っていないことが原因のようです。

 

ドーパミンが不足すると神経の伝達に乱れが生じ、
間違った情報をやり取りすることになるそうです。
つまり脳内の情報の伝達機能が正常に動作していない
状態になるのです。

 

人間は外部からの刺激を受けて、脳へとその刺激を
伝達しますが、その役割をするのがドーパミンです。
体内の鉄分が不足して来ると、鉄分によって作られる
ドーパミンも連動して不足してくるのです。
その結果脳内において正しい伝達が行われなくなり、
むずむず症候群を発症することになります。

 

 

そういう観点からも、むずむず症候群を治す方法は
ドーパミンの不足を補って正常な量に回復させる
ことなのです。

 

ところが厄介なことに体内でドーパミンの元となる
鉄分が作られないのです。一応充分に鉄分の補給が
行われて未だ余った状態の時には肝臓や脾臓が
その余った鉄分を保管しておくのですが、保管されて
いた鉄分を使い果たした状態では外部からの補給に
頼らざるを得ないのです。

 

それは毎日の食事からの摂取だったり、または能動的に
サプリメントを飲むことで不足分を補うことになります。
ですので、予防の意味も込めて鉄分の補給を忘れずに
することが大切なのです。

 

 

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
鉄分は一般的に体内への吸収率が悪い物質とされていますが、
ヘム鉄の方は体内への吸収率も良く、効率的に不足分を
補うことが出来ます。

 

特に男性よりも女性にサプリメントの使用をお勧めしたいです。
生理的にも鉄分不足が起こりやすいのは女性だと思いますので、
貧血の防止やむずむず症候群の防止にも積極的に常備薬のような
使い方をして欲しいと思います。

 

 

次に、お勧めのサプリメントの紹介をします。
一番のお勧めが美めぐり習慣というサプリメントです。

 

このサプリメントは体内への吸収率に優れた動物性のヘム鉄を
100%使っている上に、ビタミンCがレモンの34倍もあるアセロラ
というフルーツも使っています。
それに加えて、スピルリナというビタミンやミネラル、アミノ酸
などの豊富な栄養成分が50種類以上も含まれているという、正に
万能と言ってもいいぐらいの植物成分も含まれています。
これだけの栄養素をギュッと濃縮したサプリメントですので、
求められる条件を全て満たしているのではないでしょうか。
また、評判の良いサプリメントでもあり、安心してお勧めできる
栄養ドリンクだと思います。一度試してみてはいかがでしょうか。

むずむず 症候群のメカニズムと対策

むずむず 症候群ってどんな症状なのでしょう。
その原因はいろいろと研究されていますが、まだハッキリとは
解明出来ていない病気のようです。

 

自覚症状も人によってそれぞれで、脚がむず痒くなったり、
手にその症状が現れたリ、背中がむず痒くなったりするそうです。
その症状も軽度の内は余り生活に支障を来たす程のことはない
のですが、重度になると夜中に眠れない、昼間でも絶えず脚や手を
動かしていないと不快な感じが収まらないといった、生活や仕事に
集中出来なくなってしまうこともあります。

 

今現在分かっている主な原因は、鉄分の不足から来るドーパミンという
神経伝達物質が正常値に達していないことだと考えられています。

 

ドーパミン(神経伝達物質)とは何でしょう。
私達の脳には大脳皮質と呼ばれる領域があるのですが、
その大脳皮質の中に線条体という部分があり、またその中に、
ドーパミンを受け取る為のドーパミン受容体というものがあります。
そこを刺激することで体の各部分へ正しい命令が伝達されて行くのです。
その神経間を伝達するドーパミンが不足すると正しい脳からの命令が
行き届きにくくなり、むずむず症候群を始めいろんな不快な症状が
発症することになります。

 

私たちは、この大切なドーパミンをいつも不足することなく維持して、
いつも体を元気に保つ必要があります。
では、どのようにすれば、大切なドーパミンの不足を補うことができるので
しょうか?

 

それはヘム鉄という動物性の鉄分を多く摂ることからドーパミンの不足を
効率よく補うことが出来るのです。
いつも貧血気味の人や疲れやすい人、そして近年になってから急激に増えつつある
むずむず症候群の症状に悩まされている人にもこのヘム鉄を摂取することで、
不快な症状から解放される可能性があります。

 

レバーや卵黄や肉類を積極的に食事のメニューに加えることで
ヘム鉄の摂取も出来ますが、食事のメニューには好き嫌いがあると思いますので、
そういう人にはサプリメントから摂取する方法もあります。
サプリメントには不足しがちな鉄分の補給だけではなく、体へ鉄分の吸収を
促すビタミンCなどの栄養素も数多く含まれれています。

 

 

このむずむず症候群という病気は男性よりも女性により多く見られる症状だと
言われています。
それは、男性と女性の体の機能の違いから来るものなんですね。
生理から来る鉄分不足は女性特有のものです。貧血症状の人が多いのも
圧倒的に女性が多いですよね。
なので、不快な症状に悩まされることなく健康を維持していく為にも、
特に女性の方に鉄分の補給に留意していただきたいと思います

むずむず症候群の原因と対策

夜中に脚がむずむずして眠れないと言う悩みを最近よく聞いたりします。
それは何故なんだろう?原因は何なのか、いろいろ調べてみたところ、
どうやら鉄分が不足することで、神経伝達物質であるドーパミンが不足し、
正常に機能しなくなることから起こる症状だということが分かりました。

 

それは、鉄分を多く摂取することで、この不快な症状も改善することが
出来るのではないかということですよね。
ところが、鉄分は体内にとても吸収されにくい物質とされています。
よく市販されている鉄分を補給するサプリメントは安価な植物性の
クエン酸鉄やピロリン酸鉄を使っているものが多く、効率的に摂取する
ことが難しいのです。

 

また、毎日の食事から摂取できる量も残念ながら非常に少なく、
体内に摂取できる鉄分の量は食事量の1/1000にしか過ぎません。
ですので、もっと他に効率的に鉄分が摂取できるものを探す必要が
あります。

 

鉄分には効率的に体内に摂取されにくい植物性食品から摂れる非ヘム鉄と、
体内に吸収されやすい動物性食品から摂れるヘム鉄があります。
鉄分の多い植物性食品の代表格がホウレン草やパセリといったものですね。
一方鉄分の多い動物性食品と言えば、レバーやカモ、卵の卵黄と言ったもの
があげられます

 

この二種類の鉄分を比較すると、動物性食品から摂れるヘム鉄の体内への
吸収率は非ヘム鉄の6倍にものぼります。
ですので、夜中にがむずむずして眠れないと言った症状に悩んでいる人は
ヘム鉄を多く含む食品を食べるか、ヘム鉄に特化したサプリメントを
効率的に補うことでむずむず 症候群と言う不快な症状が少しでも緩和出来る
可能性が広がって来るのではないでしょうか。

 

この症状をいつか治るだろうと思って放って置くと、
夜中に不快な症状で眠れない、頭がボーッとして体がダルく重たい感じが常にして、
何をするにも意欲が湧いて来ない。気分もスッキリすることがなくなり、
常に憂鬱で慢性的状態に陥る危険性があります。

 

休みの日などは、公園に出掛けるなどして気分転換を図ることも大切なことだと
思います。スポーツやストレッチで体を動かすこともとても効果的だと思います。
このむずむずして眠れないという症状は、体内の栄養素(鉄分)の不足が最も大きな
原因ではありますが、気分的な原因も大いにあると思います。

 

また、日常にはない体験をしてみることも効果的だと思います。
アトラクションを見に行ったり、コンサートを聞きに行ったり、観劇に行ったり
して、今の不快な状態から自分を解き放ってみるのも良いかも知れません。。

むずむず症候群の自己診断法

今注目を浴びつつあるむずむず症候群のことですが、
余り聞き慣れない病名なので、症状に対する一般の認知度が
低い傾向にありますね。

 

そこで、むずむず症候群になったのかもと思われた時の簡単な
判断基準があれば対処も適確に出来るのではないかと思い以下に
列記していきたいと思います。

 

大体の判断として、体を動かしている時よりも、一定の場所で
静止した状態の時に症状が出ることがあると思ってください。

 

 

先ず一番症状が出やすい時間帯ですが、就寝時布団やベッドに
入ってからが多い傾向にあります。
寝ていると、脚がむず痒くなって来て思わず脚を擦り合わせずには
いられなくなったり、虫が這っているような感覚に襲われたりする
ことがあります。

 

 

脚の違和感から熟睡することが出来ず、朝起きても体がダルく
寝不足感が続く為、日中でも眠気や疲労感を感じて仕事に
集中できない。

 

 

脚の表面だけでなく、脚の内部までむずむずした不快な感じが消えず、
思わず手で奥まで掻きむしりたくなる。

 

 

脚の不快感とそれに共なう睡眠不足から来る眠気や疲労感が溜まり、
気分が憂鬱になって来る。

 

 

公共の乗物の中で座っていたり、映画館に行ったりして長時間座って
いると、脚がむずむずして来てじっとしていられなくなる。

 

 

座っていると脚に違和感を感じてじっとしていることが辛くなる。
絶えず脚を動かしていたい衝動に駆られる。
貧乏揺すりと似てはいるが、ちょっと違った感じに思う。

 

 

これらの自覚症状がある時はむずむず症候群だと判断して間違いないと
思います。そのまま放置していても治る場合がありますが、
殆どの場合は悪化する傾向にありますので早目に病院で検査を
受けることをお勧めします。適切な治療を受けることが大事だと
思います。

 

 

何よりも病院で検査をしてもらい、適切な治療を受けることが
一番のこの病気に対する最善の方法だと思いますが、
サプリメントを飲むことで症状を改善することも可能です。

 

むずむず症候群の主な原因は鉄分不足だと考えられています。
鉄分が不足するとドーパミンという神経伝達物質も不足して行く
ことになります。
ドーパミンが不足することによって脳内に正確に情報が伝わりにくくなり、
間違った情報の伝達が行われるようになるのです。
そのことによって末梢神経にも異常を来たし、不快な症状に
襲われるというプロセスになります。

 

通常ドーパミンが体内に少なくなると、肝臓や脾臓などに蓄えられて
いる鉄分が補給されることによってドーパミンの不足分を作る働き
をするのですが、肝臓や脾臓に鉄分が蓄えられていなければ、
外から補給することでサポートすることも可能なのです。
その為にヘム鉄という体内に吸収されやすい鉄分を多く含んだ
サプリメントを常用することは大変良い方法だと思います。